介護業界への復職を成功させるコツ

現役主婦が多く活躍する介護の世界。様々な理由で介護の仕事を離れた後、復職したいと考える人は多いものです。あるアンケートによれば、介護士を辞めてしまった後に、復職を考えている人の理由に多かったのは、資格や経験を生かしたい、もう一度達成感や、やりがいを感じたい、親の介護が終わったから等という結果が出ていました。高齢化社会の中、45万人以上いるといわれている潜在介護士が復職してくれれば、労働力不足の介護業界には朗報になるでしょう。きついと言われている介護職に、やりがいを感じている人はとても貴重です。

しかし、実際には離職して介護士としての仕事に長いブランクがある人にとっては、本当に仕事についていけるのか大きな不安があるでしょう。このような人には、現場に復帰した後、ある程度の教育期間を設けてくれたり、研修制度がある施設を探すことオススメします。また、すぐに正社員として働くというのではなく、パートタイムで働き始めるというのも一つの手です。一日数時間、あるいは、週3日働くことからはじめれば、プレッシャーもあまりかかりません。

また、デイサービスでパートタイムの介護士として、働き始めるのもいいでしょう。デイサービスは、介護度が低い人が利用するので、比較的介護がしやすいという面があります。再就職先を決める時には、今まであげた条件の施設を探す他、夜勤や休日出勤の有無、給与などの労働条件についてもきちんと交渉する必要があります。介護職に再び復帰したいなら、今の自分の生活に合った現場を見つける事が大切です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.